意外と知らない?お通夜・告別式での服装について

意外と知らない?お通夜・告別式での服装についての写真

意外と知らないことも多いのがお通夜や告別式での服装についてですが、葬儀参列時にはいつものカジュアルとは違い、その場にあった服装を整えなければなりません。
社会人ともなればまずは自分用の喪服を用意しておくこと、大人になったら人付き合いはぐんと広がりますので、冠婚葬祭に着用できるフォーマルなものは準備をしておくことです。
基本は喪服ですがお通夜などの場合は平服でも問題はないので、地味な洋服であればそのまま出かけても構いません。
故人に対しての哀悼の意を表すこと、これこそがお葬式の際の服装選びの基準にくることです。
立場的に遺族ではないなら平服参列でも構いませんが、派手な色や奇抜なデザイン、露出度の高い服装は控えます。
平服での参列をするのであれば、男性の場合は黒いスーツにネクタイ、足元も黒で統一をすることです。
女性の場合も選ぶ色は黒色、シンプルで地味な黒ワンピースか黒スーツにします。
首元にパールのネックレスをつけるのは良いですが、ほかのキラキラしたアクセサリーをつけるのはご法度です。
金色や派手な飾りや金具が付いてはいないこと、女性の足元はタイツではなく黒ストッキングにします。
お通夜の場合は故人の不幸を予測しているように思われないよう、あえて喪服ではいかないケースもありますが、お通夜のみ参列ならば喪服を着用することです。
子供の場合は喪服を成長に合わせ買い替えるのは大変ですから、通うスクールの制服で参列すれば問題はありません。