【葬儀の豆知識】お葬式で恥をかかないためのマナー5選

失礼のないお悔みの言葉のかけ方

失礼のないお悔みの言葉のかけ方の写真

失礼のないお悔みの言葉のかけ方はどのような関係であるか、どのような立場であるかによっても違いは出てきます。
親族や友人に同僚など親しい間柄の当人に向けての場合、悲しい気持ちをそのまま伝えて構いません。
立場的に同僚や友人の場合だと、遺族との面識がこれまでないケースもあるので、まずは自己紹介を軽くして言葉をかけることです。
会社や学校関連でお世話になっていたなど、関係性と自分の名前を名乗る軽い自己紹介をします。
突然のことで驚いていること、残念であること、そして心からお悔やみ申し上げますと言った言葉で締めくくることです。
すでに遺族と面識があるならば、できることがあれば何でもおっしゃってくださいと、相手に寄り添う思いやりの言葉も添えます。
親しい間柄のご両親やご主人に奥様に向けてなら、お悔やみの言葉とともに、お手伝いさせてくださいと言う温かい言葉です。
親しい間柄の二等親にむけてであれば、ご遺族の気持ちを考慮した言葉を選ぶこと、労わりの言葉を入れるようにします。
いつもお世話になっている恩師や上司、取引先などの葬儀であれば、遺族に対して自己紹介をしてから、失礼に当たらない言葉がけをすることです。
遠い親戚やご近所、一般的なお付き合いであれば、一般的なお悔やみの言葉をかけるようにします。
遺族や個人と自分との関係性はどのようなものか、まずは見極めをすること、あいさつに関しては長くなりすぎないようにすることです。
必要に応じて何かお手伝いをすること、その手伝いがいらないなら長井はしません。

葬儀を葛飾区でするなら、家族葬がおすすめ。家族葬といっても、そのかたちは色々あり、伝統的な葬儀を身内や親族だけで行う家族葬から、式は行うけれども通夜は行わずに1日だけで葬儀を行う一日葬、そして、お通夜も式も行わずに火葬のみを行う火葬式(又の名を「直葬(じきそう)」)などがあります。

葬儀のかたちによって規模や費用が異なり、費用面を優先するのであれば火葬式が最も低コストで行える葬儀となります。最近、葛飾区で人気の葬儀は家族葬や一日葬です。火葬式も多く行われており、ご家族のご事情により様々です。

葛飾区で葬儀を行うにあたって重要なのは、葬儀を執り行ってくれる葬儀屋さんの選び方です。お勧めなのは、格安で質の高い葬儀を行ってくれる葬儀社です。中でも葛飾区で人気の葬儀屋はグランドセレモニーという葬儀社です。

葬儀社グランドセレモニーは9.8万円から葬儀を行える格安の葬儀社でありながら、華やかな葬儀を行ってくれる葬儀社でもあります。葬儀に不要な物を徹底的に省き、一社完結で葬儀サービスを提供しているため、実現できた価格だそうです。

葛飾区で家族葬を検討されている方は是非グランドセレモニーに電話相談をしてみてください。葛飾区の葬儀で評判の葬儀社グランドセレモニーのHPはこちらです。