【葬儀の豆知識】お葬式で恥をかかないためのマナー5選

これでいい?お焼香の正しいやり方

これでいい?お焼香の正しいやり方の写真

宗教や宗派によってもやり方が異なるのがお焼香ですが、基本的な正しいお焼香のやり方を知っておくと慌てません。
順番に行っていきますので自分の番が回ってきたら、焼香台の少し手前でいったん立ち止まり、僧侶と遺族へ軽く一礼をして、さらに焼香台の前まで進んだら一礼をすることです。
手に数珠を持っている場合は左手にかけて持つこと、右手で抹香をつまみますので数珠は片手で持つようにします。
抹香をつまむのは右手で有り、親指と人差し指に中指の3本を使い、自分の目の高さまで持ち上げて、擦りながら香炉へ落とす行為を1回から3回ほど繰り返すのが基本のやり方です。
現代もっとも多いのは立ったままできる立礼ですが、座ったままで行う座礼の場合に回してやるやり方などもあります。
立礼の場合は自分の順番が回ってきたら祭壇前へと進み、そこでいったん遺族に向かい一礼をして、焼香台前に立ち再度祭壇と遺族に一礼をして、抹香をつまみ落とし一礼をして席に戻る流れです。
畳の式場では座礼焼香が一般的であり、移動をする際には真っ直ぐに立ち上がらないで腰を落としての移動して、到着をしたら正座をして行います。
狭い会場などでは回してするのが良くあるパターンであり、焼香炉が回ってきますので自分が向かう必要はありません。
自分の順番で目の前に置いた焼香炉で行ったら、隣の人に焼香炉を回し全員へ回ることになります。
式場が畳ではなく椅子席であるときには、自分の膝の上に焼香炉をのせることです。

葬儀を葛飾区でするなら、家族葬がおすすめ。家族葬といっても、そのかたちは色々あり、伝統的な葬儀を身内や親族だけで行う家族葬から、式は行うけれども通夜は行わずに1日だけで葬儀を行う一日葬、そして、お通夜も式も行わずに火葬のみを行う火葬式(又の名を「直葬(じきそう)」)などがあります。

葬儀のかたちによって規模や費用が異なり、費用面を優先するのであれば火葬式が最も低コストで行える葬儀となります。最近、葛飾区で人気の葬儀は家族葬や一日葬です。火葬式も多く行われており、ご家族のご事情により様々です。

葛飾区で葬儀を行うにあたって重要なのは、葬儀を執り行ってくれる葬儀屋さんの選び方です。お勧めなのは、格安で質の高い葬儀を行ってくれる葬儀社です。中でも葛飾区で人気の葬儀屋はグランドセレモニーという葬儀社です。

葬儀社グランドセレモニーは9.8万円から葬儀を行える格安の葬儀社でありながら、華やかな葬儀を行ってくれる葬儀社でもあります。葬儀に不要な物を徹底的に省き、一社完結で葬儀サービスを提供しているため、実現できた価格だそうです。

葛飾区で家族葬を検討されている方は是非グランドセレモニーに電話相談をしてみてください。葛飾区の葬儀で評判の葬儀社グランドセレモニーのHPはこちらです。