【葬儀の豆知識】お葬式で恥をかかないためのマナー5選

忘れ物はない?葬儀・告別式に出かける前に確認すること

忘れ物はない?葬儀・告別式に出かける前に確認することの写真

葬儀や告別式に出かける前に確認することして、忘れ物はないかを再度チェックをします。
うっかり忘れてはならないものの一つは香典であり、そのまま手で持っていくのは失礼にあたりますので、必ずふくさに包んでいくのがマナーです。
進行をする宗教により香典袋の表書きには若干の違いがありますので、仏式か神式かキリスト教式なのかも事前確認をしておきます。
包む香典の金額に関しては、本院と故人との関係性を重視して決めることです。
親類関係であれば1万円ほどですが、会社の同僚や上司であったり、友人知人ならば5千円ほど、勤務先の家族ならば3千円くらいが香典の目安になります。
金額面も立場的なことや関係性を考慮しますが、いれるお札に関してはマナーとして新札は包みません。
数珠を持参する場合は誰かから借りるのではなく、自分専用のものを準備しておくこと、数珠は人から借りて使うものではないためです。
お葬式には涙がつきものですから、持ち物の中にはハンカチも欠かせませんが、どのようなデザインやカラーのハンカチでも良いわけではありません。
葬儀や告別式へ行くときのハンカチは基本的に白色であり、白の無地でなければ黒色のフォーマルなタイプを選ぶことです。
女性はおしゃれですから華やかなデザインや色を好みますが、基本的に派手な物や色物は控えます。
小物として手袋を用意するなら布製であること、色は黒色のみであり、告別式などでの焼香の際には外すことです。

葬儀を葛飾区でするなら、家族葬がおすすめ。家族葬といっても、そのかたちは色々あり、伝統的な葬儀を身内や親族だけで行う家族葬から、式は行うけれども通夜は行わずに1日だけで葬儀を行う一日葬、そして、お通夜も式も行わずに火葬のみを行う火葬式(又の名を「直葬(じきそう)」)などがあります。

葬儀のかたちによって規模や費用が異なり、費用面を優先するのであれば火葬式が最も低コストで行える葬儀となります。最近、葛飾区で人気の葬儀は家族葬や一日葬です。火葬式も多く行われており、ご家族のご事情により様々です。

葛飾区で葬儀を行うにあたって重要なのは、葬儀を執り行ってくれる葬儀屋さんの選び方です。お勧めなのは、格安で質の高い葬儀を行ってくれる葬儀社です。中でも葛飾区で人気の葬儀屋はグランドセレモニーという葬儀社です。

葬儀社グランドセレモニーは9.8万円から葬儀を行える格安の葬儀社でありながら、華やかな葬儀を行ってくれる葬儀社でもあります。葬儀に不要な物を徹底的に省き、一社完結で葬儀サービスを提供しているため、実現できた価格だそうです。

葛飾区で家族葬を検討されている方は是非グランドセレモニーに電話相談をしてみてください。葛飾区の葬儀で評判の葬儀社グランドセレモニーのHPはこちらです。